必ずもらえる【ポイント10倍保証】

★楽天トラベル2011年下半期★人気温泉地ランキングTOP20!★
↑気になる箱根は何位なの?↑

2012年01月28日

芦ノ湖 ラ・テラッツァ臨時休業のお知らせ☆

laterazza.jpg


「芦ノ湖 ラ・テラッツァ」からのお知らせです。

2012年2月1日(水)〜2月21日(火)までの21日間 臨時休業

とさせていただきます。

2月22日(水)より平常営業いたします。

箱根へのご来訪を予定されている方は、
どうぞご注意くださいね。


画像は、カフェテリアで頂ける、私が大好きな窯焼きピザ。
箱根西麓野菜など、地のものをふんだんに使った
とても健康的で美味しいメニューが揃っていて、
友人を箱根に案内する時には欠かせないスポットになっています。


施設メンテナンスをきっちりされる施設で、
毎年明けのこの時期に、臨時休業をされます。

メンテナンスも終われば、春はもうすぐそこ。
お休み明けにどうぞご来訪ください。



芦ノ湖 ラ・テラッツァ
http://www.la-terrazza-ashinoko.co.jp/info/guide.html
posted by ゆめすけ at 14:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

辰年節分の願掛けはやっぱり・・・♪

o0352028810267368874.jpg


今年は辰年。龍神様へのお参りが吉ですね。

箱根の龍神様といえば、芦ノ湖の九頭龍伝説を今に伝える
龍神信仰の聖地、九頭龍神社をはずすわけにはいきません。


特に昨今は恋愛成就に強力なパワーを発揮するとTVなどで紹介されたことから、
毎年参拝者が増えている神社でもあります。


本宮は芦ノ湖畔にあり、月次祭がとり行われる毎月13日以外は通常無人です。
箱根プリンスホテルの神山コテージ駐車場から、山道を少しばかり歩きます。
10〜15分ほどの散策路を行くと、静かな湖畔にたたずむ朱色のお社が見えてきます。


恋愛成就のみならず、心願成就に大きなご利益があるとされる箱根の龍神様。
たくさんの方に今年の平安を祈願してお参りいただくといいな、と思っています。


月次祭がある13日には、元箱根から遊覧船に乗って本宮まで行くことができます。
http://hakonejinja.or.jp/

が、今年はせっかくですので、箱根神社の節分祭に合わせて
箱根神社内にある九頭龍神社新宮でご祈祷をお願いするのもお薦めです。
箱根神社の節分祭は、前記事でもご紹介した通り、
すごくユニークで楽しめますからね〜♪
新宮の方では、龍神水を分けて頂くことも可能です。

今年は1月後半になって雪も増えていますので、
どうぞ防寒対策をしっかりとられて、
お車の場合は特に冬用のタイヤ装備でお出かけ下さいね。


fuji 014.jpg


箱根神社にお参りになられましたら、ぜひ駐車場横にあ
る休憩処で、つきたて「権現からめもち」もお試し下さ
いね!(本気で美味しい!)

fuji 013.jpg


■箱根神社・九頭龍神社
http://hakonejinja.or.jp/

神社社務日記も写真満載で抜群に面白いですよ!
節分祭の様子、参加の皆様の様子もUpされていて、
雰囲気がめっちゃ味わえます♪

http://hakonejinja.no-blog.jp/syamunissikara/

posted by ゆめすけ at 14:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

箱根神社節分祭☆冬の芦ノ湖花火大会


新年の初詣にはもう皆様お出かけだと思いますが、
箱根にいらっしゃったなら、やはりぜひお参りいただきたいのが箱根神社です。


fuji 008.jpg

fuji 011.jpg

樹齢を感じる杉の大木を左右に従えた階段を上がっていくと、
荘厳なお社が出迎えて下さり、その神々しさに行くたびに気持ちが引き締まります。


芦ノ湖のほとりにある箱根のパワースポット、箱根神社。
商売や厄除、交通安全、芸事(芸能)、恋愛成就に強力な力を添えて下さる神社で、
いつも日本各地から多くの参拝客でにぎわっています。


2月2日の節分前夜祭、そして2月3日の節分祭は、
厳かさの中にもすごくユニークな神事。
芦ノ湖を舞台に鬼と神様がダイナミックな水上スキーで豆まきが行われたり、
花火が上がったりと、誰でも楽しく参加して厄払いを体験することができます。


ashinoko.jpg


この花火大会に合わせて、芦ノ湖の遊覧船が特別運行です。


■冬景色花火大会&船上から花火見物と癒しのフルート演奏■

真冬の夜空に映し出される花火の美しさと、
須藤英二氏の魅了するフルート生演奏も堪能できます。
箱根での一夜を再発見!

□2012年2月2日(木)
出航時刻:元箱根港18:50発〜20:00頃着
     箱根園港19:10発〜20:15頃着
(各港共 無料駐車場完備)
□料金:おとな1,600円こども900円(1ドリンク付き)
ご夫婦、カップル、シルバー料金あります。ご予約ください)

□お問合わせ、ご予約
0460‐83‐6351(8:30〜17:00)
http://www.izuhakone.co.jp/yuransen/kozyouhanabi_2012.pdf


■節分HANABI Show■

花火は音と光の演出「デジタルスターマイン」を打ち上げ、
今までにない幻想的な花火ショーをお楽しみいただけます。

□2012年2月3日(金)
出航時刻:元箱根港17:30発  花火打上開始 17:45

□遊覧船乗船料金:1500円
※お買求めは箱根園桟橋遊覧船受付にて販売いたします

□お問合わせ、ご予約
0460-83-1111 (ザ・プリンス箱根)
http://www.princehotels.co.jp/the_prince_hakone/event/hanabishow/index.html
※HP上では料金が3000円となっていますが、実際は半額でのご提供となるそうです。



さらには、私が大好きな旅館、和心亭 豊月さんでは、
旅館からも鑑賞できるスペシャルな宿泊プランを提供中です!
この日限りの特別プランで、お得にロマンティックに、
芦ノ湖畔の名湯 和心亭 豊月さんを体験してみて下さいね。

お得な花火鑑賞プラン



昨年の遊覧船からの花火観賞の様子がYOUTUBEにUpされていましたので、
冬の芦ノ湖に輝く花火大会の雰囲気を感じてみて下さい♪




posted by ゆめすけ at 23:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

箱根の冬☆やまぼうしにて

hakone~nagomi 001.jpg


2012年冬、芦ノ湖から望む富士山は雪を頂いています。
静かな湖畔と青い空に映えてとても美しい姿を見せてくれています。


とある機会があって、女優の浜美枝さんのお住まいでもあり、
ギャラリー、貸しスタジオ&スペースとして一般でも利用ができる
「やまぼうし」にお邪魔しました。


hakone~nagomi 002.jpg

hakone~nagomi 003.jpg


雪の残るエントランスには、たくさんの植物が春を待っている様子。


hakone~nagomi 005.jpg


hakone~nagomi 004.jpg


hakone~nagomi 006.jpg


hakone~nagomi 013.jpg


hakone~nagomi 010.jpg


hakone~nagomi 009.jpg


アンティークな和の造りとモダンな洋が上手に共存し、
独特な落ち着きのある雰囲気を出しています。


hakone~nagomi 012.jpg


hakone~nagomi 015.jpg


hakone~nagomi 014.jpg


箱根駅伝のゴール地点の近くにあるのですが、
観光施設としてリリースされているわけではなく、
静寂と自然に包まれて、本当に心地の良い空間です。


ワークショップや定期的なお稽古ごとが催されているので、
ご興味がある方はコンタクトをとっていかれると良いと思います。
また、20〜50人程度の研修やワークショップ、
ライブやコンサート、貸しスタジオとしての利用も可能のようです。


ケータリングも対応して下さいます。
この時は私が大好きな平塚のmaison de H&M(メゾン・ド・アッシュ×エム)から、
食材、食器、スタッフ総出でのケータリングが入り驚きでした。


hakone~nagomi 018.jpg


hakone~nagomi 020.jpg


hakone~nagomi 024.jpg


hakone~nagomi 016.jpg


身体が喜ぶ地元の食材をたっぷり使った、
優しく美味しく美しいMENU。


いつもの箱根とは一味違った、
贅沢な体験を楽しませていただきました。



やまぼうし
http://www.mies-living.jp/

posted by ゆめすけ at 16:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月29日

いよいよラスト2DAYS☆箱根ガラスの森

やじうま取材 024.jpg


8月25日の早朝に放映されたやじうまテレビ。
ご覧いただけた方はいらっしゃるのでしょうか?
私は朝早くから出かけなければならず、
バタバタしている間にどうやら放映されていたようで、
思いっきり見逃しました(笑)


さてそのやじうまテレビの箱根特集でも紹介された、
ガラスの森美術館でいままさに行われている、
クリスタル・トリオ・アンサンブル 夏休み特別コンサート

彼らの素晴らしいアンサンブルを生で楽しめるのも、
いよいよ2日を残すのみとなりました。

グラスやガラスでできた楽器を水を上手に使いながら奏でるアンサンブル。
その音色は透き通るような美しさで、
G線上のアリアには、思わずうっとり揺れるハート揺れるハート揺れるハート

なにはともあれ、聴いてみて下さい。



モーツアルトのトルコ行進曲はおなじみの曲ですが、
グラスハープの演奏はまた一味違いますよね。

そして、演奏の途中、グラスアンサンブルの演奏をバックに
観客(来場者)で『ふるさと』を合唱しましょう、と・・・。

透明な音色を伴奏に、「うさぎ追いしかの山・・・」と歌い始めたら、
なんだかたまらない気持ちになって、涙があふれてきました。

あの日から、幾度となく聞く機会があったふるさと。
自分で歌ってみて、その歌詞の切なさに胸がいっぱいになりました。


さて、こちらの箱根ガラスの森美術館では、
現在、「被災地を忘れない!1コインチャリティ美術館」
と銘打ったチャリティ活動を行っておられます。


これは震災直後、ゴールデンウイークにも実施されたチャリティで、
多数の入場者を迎え、多額の寄付金を日本赤十字に送られました。
関連記事⇒☆☆☆


現在行われているこちらのチャリティもあと二日間。
8月31日まで、ガラスの森美術館に500円で入場できるチャンスです。

お子様でも自分のお小遣いから出せる500円を、
ガラスの森に来て寄付することで、
東日本の方々の力になれることを体験してもらうことが目的なんだそうです。

1coin.jpg
ガラスの森美術館blog
http://blog.ciao3.com/article/46978354.html


もう学校は始まっちゃってるのかな?
8月も残りあと二日。
箱根で思い出作りなら、今なら絶対こちらがお薦めでするんるん


この記事、なかなかいいぜ、と思われましたら、
ぽちっと一票よろしくお願いします。

banner_04.gif
posted by ゆめすけ at 20:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

千条の滝(ちすじのたき)に行きました

やじうま取材 020.jpg


夏休み最後の週、避暑箱根を楽しもう!というテーマの元に
箱根の滝を訪れるやじうまテレビのロケ。
飛竜の滝に続き、一行は千条(ちすじ)の滝に向かいました。

ここは私も大好きな場所。
以前、小涌園が企画した散策ツアーで連れて行って頂いて、
そのすがすがしさがあまりに気持ち良くて揺れるハート
飛竜の滝とは違って、散策するのにぴったりの歩きやすい道です。


taki.jpg


小涌谷駅から、保養所が立ち並んでいる道沿いに歩くコースと、
小涌園〜蓬莱園からアプローチするコースと、
いずれも大人の足で20〜25分程度といったところでしょうか。

車も近くまで入っていくことができます。
でも駐車場が整備されているわけではないので、基本は徒歩でね。


やじうま取材 021.jpg

やじうま取材 018.jpg

やじうま取材 023.jpg

やじうま取材 022.jpg

立て札に書かれているとおり、
苔むした岩肌を伝うように細くたくさんの水の流れが見られる
かわいらしい滝です。

林道には、春や秋にはたくさんの珍しい山野草を見ることができます。
ブナやカエデは、秋になると美しい紅葉を見せてくれます。
近くには蛇骨川(じゃこつがわ)が流れ、
そのせせらぎを感じながら歩くのもまた楽しい^^

とにかくマイナスイオンをいっぱい感じられる散策道なのです。
滝の前にはベンチもいくつか用意されているので、
のーんびりお弁当を広げる人もいらっしゃいます。

ここを起点としたハイキングコースもあり、
山歩きや写真を趣味にされている方にはおなじみの場所ですが、
一般の観光客の方には、わりと知られていないため、
夏休みのさなかでも静かな空間でくつろげます。


小涌園では、恒例の自然観察ツアーを
今年も実施するみたいです。

【宿泊者限定】箱根を知り尽くす名ガイドと歩く自然散策ツアー

ガイドさんも付いて山野草や紅葉する木々のことについても学びながら
気持ち良く歩けるツアーです。
お泊まりの予定がある方はご参加をお勧めしま〜す♪


尚、やじうまテレビは8/25日(木)朝に放映の予定だそうです。
(当初24日放映予定でしたが、S氏引退の件で吹っ飛びましたー)


この記事、なかなかいいぜ、と思われましたら、
ぽちっと一票よろしくお願いします。

banner_04.gif





posted by ゆめすけ at 12:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

飛竜の滝に行きました

やじうま取材 005.jpg


やじうまテレビの取材に同行して、
初めて飛竜の滝(ひりゅうのたき)に行ってきましたexclamation×2

神奈川県内の滝の中でもトップクラスの大型の滝、
ということで、話には聞いていたものの
なんといっても歩くのが苦手な山の中にあるので
なかなか行こうという気持ちになれなかったのですが、
今回、いい機会を頂き、思いきって出かけてみました。

やじうま取材 002.jpg

場所ですが、畑宿〜湯坂のハイキング(っていうかほぼ山登り)コースの
ちょうど中央に位置します。取材班は、今回は湯坂路からアプローチ。
湯坂路の入口は、芦の湯フラワーセンターから歩くと15分ほど、
小涌谷(ユネッサン)方面に進んだカーブのところにあります。
車だと見落としやすい標識がひっそり。


やじうま取材 003.jpg

かなりの急勾配をぐんぐん下っていきます。
それでも山道がわりと整備されているので、歩きやすいるんるん


やじうま取材 004.jpg

8月最後の猛暑日!?と思える熱い日でしたが、
守の中は涼しく、木漏れ日がキラキラして、
途中一休みしながら思いっきり深呼吸です。

やじうま取材 006.jpg

ところどころにちゃんと標識もあって迷うことはありません。

やじうま取材 008.jpg

よくよく見たら、ちいちゃく「飛竜の滝⇒黒ハート

やじうま取材 007.jpg

山道を歩いている感じがする風景るんるん

やじうま取材 009.jpg

足元が岩場になってゴロゴロしてきたら、
かすかに水の音も聞こえ始めてきます。
ここまでただ下ってきますが、休憩なしなら大人の足で約20分程度。
ゆっくり歩いても30分はかからないと思います。

やじうま取材 014.jpg

飛竜の滝の下段が見えてきました。

やじうま取材 011.jpg


【飛竜の滝】
飛竜の滝は、上段15m、下段25mと二段に分かれて流下し、
その姿は、あたかも竜が飛揚するかの様な形から
この滝の名前がついたと言われています。
県下の滝では最大級の規模で、形態も勇壮な名瀑であって、
鎌倉時代には、箱根権現信仰の行者が鎌倉街道の途上、
この滝に打たれ身を清めたと伝えられております。(案内板より)



実はこの写真のもっと上に上段の滝があるんです。
BESTポジションには撮影クルーがいらしたので、
写真撮るのを遠慮してしまったあせあせ(飛び散る汗)

水量もまずまずで、雄大な滝でした。
マイナスイオン浴びまくり。

やじうま取材 016.jpg

やじうま取材 017.jpg

清々しい感じ、伝わりますか?


小さなお子様をお連れの外人さんファミリーや(ビックリダッシュ(走り出すさま))、
山歩き目的のご夫婦、グループなどがいらっしゃいましたが、
基本的にはあまり人はいません。
観光スポットとしては、ちょっと気軽に・・・という感じではないからかも。

お出かけになる時はやはりしっかりと
山歩きの準備をされていくことをお勧めします。
特に滝の近くの岩は、濡れいたり苔むしているので、
滑りにくい底のしっかりしたスニーカーでどうぞ!

帰りはロケ車がある湯坂路入口までぜいぜいいって登りましたがふらふら
ハイキングであれば、そのまま畑宿の方までずっと下るという手もあります。
畑宿までは大人の足で30〜40分程度だと聞いています。


map.jpg



やじうまテレビでは8/25日(木)朝に放映の予定だそうです。
私も案内人で出演しているはず・・・
(どのような編集かはわかりませんが)
高性能なハイビジョン用のカメラで撮影された滝を、
ぜひご覧になってみて下さい。


この記事、なかなかいいぜ、と思われましたら、
ぽちっと一票よろしくお願いします。

banner_04.gif



ラベル:箱根
posted by ゆめすけ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

箱根・強羅の大文字焼きと夏祭り


2011年8月16日(火)
箱根では、強羅の大文字焼きが行われました。

強羅大文字 048.jpg

少々雲は出ているものの、微風もあり、絶好の大文字日和。

強羅大文字 049.jpg

強羅大文字 053.jpg

強羅大文字 052.jpg

強羅大文字 047.jpg

駅前周辺は、出店や屋台がお昼から出て
夏祭りの気分を盛り上げてくれます。


強羅大文字 051.jpg

今年の配置表。

強羅大文字 055.jpg

山の上でも夜19:30の着火に向けて、
準備が進められています。


強羅大文字 046.jpg

強羅大文字 057.jpg

今年もエリア限定のミニエフエム。
FM強羅79.0Mhzを担当させていただきました。
13時前からスタートして、お祭り終了時刻の22時まで。

強羅大文字 059.jpg

台本なし、ぶっつけ本番は毎度のこと。
エフエム小田原から電話がかかってきて中継がいきなり始まったり、
打合せなしで、ステージゲストの皆様のインタビューも急遽入ったりと、
冷や汗たっぷりかきながら、楽しく進めさせていただきました(笑)


強羅の大文字焼きのことをちょっとまとめておきますね。


箱根の大文字焼は大正時代から続く行事で今年で90回を数えます。
当初は避暑客を楽しませるための行事でしたが、関東大震災以降は
うら盆の送り火として行われてきました。
今年は、3月の大きな震災による災害の犠牲者の慰霊祭もあわせて行いました。

山並みを縫って強羅温泉郷に向かう時、
「大」の字が浮き出された山を仰ぎ見られることでしょう。
この山が通称「大文字山」と呼ばれる、正しくは箱根外輪山の一つ
標高924mの明星ケ岳です。

箱根の明星ケ岳の山頂近くに点火する文字は
2カ月ほど前から準備が始まります。
6月頃から、地元宮城野の青年会の皆さんの手により、
炎天下の山腹に於いて刈取・乾燥の作業が繰り返されます。
車は途中までしか入れません。
皆、毎週山登りですあせあせ(飛び散る汗)

刈り取り、乾燥した長さ3メートルほどの篠竹(しのたけ)を
直径30センチの束として350束、山の上で作ります。
この作業が一番きついそうです。

「大」の字が大きく画かれる様、「大」の字の輪郭に沿って
二重にして約1.5m間隔で立てます。
「大」の字の「一」は、長さが108m、太さは7.5mにもなります。

19:00に準備完了の花火が山から一発撃ちあがると、
いよいよ天下と花火打ち上げの最終準備に関係者が皆スタンバイ。

19:30頃、一すじの花火を合図に一斉に点火されます。
点が線となり文字となって皆様の目前に あの「大」の字が浮かびます。

点火と同時に、色鮮やかな「スターマイン」や
仕掛け花火「ナイアガラの大滝」など花火も打ち上がり、
夏の夜空で鮮やかな競演を楽しむことができるのが、
強羅の大文字焼きの大きな魅力です。


強羅大文字 058.jpg

今年の宮城野青年会長は、勝俣良太君。
渋いお顔をしておりますが、めっちゃイケメンのナイスガイぴかぴか(新しい)
働きぶりも大変素晴らしく、
山の上との無線でのやり取りをそばで聞いていましたが、
的確な指示とユーモアに、チームワークの良さを感じました。

彼に話を聞くと、今年は3月の大震災もあって、
実施についても検討が重ねられたうえでの決定だったそうです。
それでも青年会では例年通り6月から毎週日曜日を準備にあてて
文字部分の刈り取り、篠竹の刈り取りと乾燥、束作りを進めてこの日を迎えたそう。

90周年という節目の年でもあり、
かつ東日本大災害の犠牲者の慰霊祭もあわせて行うということで、
様々なプレッシャーを感じながらの陣頭指揮だったと思います。


強羅大文字 060.jpg

日も暮れ、強羅観光協会のメンバー、花火の打ち上げの指揮官、
そして宮城野青年会長と、最後の入念な打ち合わせが始まり、
良太会長は山にいる責任者にシーバーであれこれ最後の確認を指示。
緊迫感が増してきます!

そして19:30。エフエムでの中継で
山の上と、お祭り会場とで声を合わせてのカウントダウンが始まり・・・

山にいる約80名の青年たちにより、
松明に着火爆弾

強羅大文字 061.JPG

強羅大文字 067.JPG

花火も上がる!

強羅大文字 069.JPG

強羅大文字 070.JPG

大の文字から流れ出すナイアガラ!
山の上にいる青年会のメンバー約80名は、
この山の火と花火がどんな風に私たちの目に写っているのかを
みることができません。

良太会長がシーバーで何度も、
「すっげーきれいに出てるよ!」
「見事に燃えてるよ!」
「三藩の代の払いの部分が弱いけれど、どうなってる?」
「ナイアガラきれいに流れた!」
「会場、大盛り上がりだぜ!」
「皆すごく喜んでる!」
と山の上にいるメンバーに声をかけ続けています。


強羅大文字 072.JPG

最後のスターマインまで約2000発の花火と大文字の競演・・・
陸前高田の松明も大の文字の中心で、鎮魂の送り火を焚きました。

今年のお盆は、本当にたくさんの御霊が、
懐かしい我が家へ、思う人の元へと、導かれてやって来られたのでしょう。
そして、この日、ごうごうと燃える松明の送り火とともに、
帰られる場所へと戻られたのでしょう。

大文字が燃え盛る中、静かに手を合わせている人が、
今年は会場に多数見受けられました。
いろいろな立場の方が様々な思いで、
この山の火と花火を見つめていたのでしょうね。

約1時間で花火は終了。
静かに山の火は消えていきます。
青年会のメンバーは、最後の薪が鎮火するのを見届けて山を下りてきます。


強羅大文字 074.jpg

メンバーが下山するまでの間、お祭り会場の特設ステージでは
今年はスペシャルライブとして、中村あゆみさんのコンサートが行われて
会場はもう大盛り上がりでした。


強羅大文字 077.jpg

強羅大文字 079.jpg

22時過ぎ。
みんなが山から下りて会場入り。
それを待って、中村あゆみさんが「翼の折れたエンジェル」を熱唱してお出迎えです。
みんな、世代的には若い人たちだけど、
あの曲は知っていようがいまいがすごく元気が出るナンバーだから、
またまた盛り上がりましたグッド(上向き矢印)

中村あゆみさんの当日のblog
中村あゆみオフィシャルblog
http://ameblo.jp/nakamura-ayumi/entry-10988404818.html



天候にも恵まれ、夜空を灯す素晴らしい大文字と花火。
私にとっては今年初めての花火でしたので、感動もひとしおの夜。
中村あゆみさんにもインタビューできたし、
すごく思い出に強く残る夏のひとコマとなりましたかわいい

また来年も楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)




posted by ゆめすけ at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

まもなく閉園☆箱根ベゴニア園


xmashakone20013.JPG


なんというか・・・
手持ちのベゴニア園の写真が、こんな季節外れのものしかないたらーっ(汗)
初めてクリスマスに登場した際には個人的に「そんなのあり?」と
おおいにウケまくった、ベゴニアツリーですわーい(嬉しい顔)


先月末のある会合で突然発表されたベゴニア園の閉園のお知らせ。
なんともなんとも寂しい。


私が箱根で仕事をするようになった時、
一番身近にあり、一番いろいろな相談に乗って頂いた。


いつ訪れてもそこには温室があって、
いつも美しいベゴニアの花が咲いていた。
それが当たり前の光景だった。


支配人やスタッフの方々にお茶をごちそうになったり、
イベント用品の貸し借りをお願いしたり、
本当に一番密接な関係だった施設かもしれない。


箱根湯本の施設がまた一つ消えてしまうのは
とても寂しいことだけれど、
時代のお役目を果たし終えたということになるのかしら。


今まで25年もたくさんの人たちの目を楽しませてくれてありがとう。
湯本の近隣の人たちに優しくしてくれてありがとう。


箱根ベゴニア園。
ラストの1週間は、東日本大震災へのチャリティの思いも込めて、
ワンコイン(100円)で入園ができるそうです。


ぜひラストランにお出かけ下さい。


以下リリースより。


25年に渡り、箱根湯本〜塔ノ沢の地において
皆様にご愛顧いただきました「箱根ベゴニア園」は、
2011年7月15日(金)をもって営業を終了いたします。

1986年の開園以来、箱根湯本駅近接の
約3千坪の広い敷地に配置した温室3棟に、
多種多様な観葉植物やベゴニアなどの熱帯花木を展示し、
これまで延べ約340万人のお客さまにご来場いただいて参りました。

これまで永きに亘り、ご愛顧いただいたお客さまには、
心より御礼申し上げます。

施設の閉園にあたり、下記のとおり『心からの感謝イベント』を開催いたします。
「箱根ベゴニア園」の閉園ならびにイベントの概要は、下記のとおりです。


「心からの感謝イベント」概要

■開催期間 2011年7月9日(土)〜2011年7月15日(金)

 上記期間中の入園料を100円 とさせていただきます。
 期間中にいただいた入園料は、東日本大震災義援金とし
 て、日本赤十字社を通じて全額寄付させていただきます。

 ベゴニア他、展示植物を格安価格にてお分けいたします。

※「ひめしゃらの湯」は引き続き通常通り営業いたします。

http://www.hakone-begoniaen.com/



posted by ゆめすけ at 20:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

箱根の観光メルマガ6月号を発行しました

ajisai 0011.jpg


梅雨らしいどんよりじっとりヒンヤリ・・・
でもムシムシした一日でしたね。
体調管理がちょっと難しい今日この頃です。
こんな時期には、本当は日帰りでも温泉に出掛けて
心身ともにリフレッシュしたい!


ということで、そろそろ湯本があじさいの見頃を迎えた
箱根の観光メールマガジン

【ONE MORE HAKONE INFO Monthly】
箱根プロモーションフォーラム公式メールマガジン


6月号を本日発行いたしましたよ♪

紫陽花の見頃、鑑賞スポットのご案内や、
箱根の観光施設からの夏に向けてのお値打ち企画など
今回も盛りだくさんの内容でお届けです。


さ〜て、次はいつ箱根に行けるのやらやら・・・(^_^;)


箱根プロモーションフォーラム公式メールマガジン
バックナンバー・購読はこちら

http://archive.mag2.com/0000249260/index.htm







posted by ゆめすけ at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

箱根写真美術館☆夏の展覧会☆

photom.jpg
(画像:箱根写真美術館HPより借用いたしました)
http://www.hmop.com


私が大好きな箱根の隠れ家的カフェ。
箱根写真美術館にある、
Plaisir de l'oeuf(プレジール・ドゥ・ルフ)
から、季節の紫陽花ケーキのご案内が来ました〜揺れるハート

これ、ブルーベーリーを紫陽花に見立てた
レアチーズケーキ。大好物でございまするんるん


・・・って、ケーキの案内が来たのではなく、
実は今月から来月にかけて開催されるスペシャルな展覧会のご案内。


マッテオ・アロルディ写真展
Il respiro del lago―湖の息吹―
●会期:2011年6月15日(水)〜7月11日(月)



スイス人写真家、マッテオ・アロルディによる個展。
スイスアルプスの南に位置するマッジョーレ湖は、
作者の生まれたロカルノからイタリアへと広がる湖である。

作者は「湖のポートレート」を撮ろうとこのプロジェクトを始めた。

それは湖そのものをカメラに収めることであり、
自身が直感的に感じる”命ある存在”としての湖を
写真として捉えることであった。


<展覧会リリース>
日本語ver.PDF (1.2MB)
http://www.hmop.com/pdf/PRESS_1106matteo_jp.pdf



「湖のポートレート」と題されているとおり、
湖そのものが、自然の中で息づいている存在であることを
光や時間や技法を変えながら、様々な表情を引き出して表現されている、
なんともゾクゾク来る、神秘的な作品です。


芦ノ湖や富士山を要する箱根は、
マッテオ・アロルディ氏の目にはどのように映るのかしら?
興味深いですね。
そんなお話を、ご本人に伺うチャンスがあるそうです!


<NEWS>
マッテオ・アロルディ写真展
Il respiro del lago―湖の息吹― レセプション開催のご案内。
写真家マッテオ・アロルディ氏が来場致します。

日時:6月18日(土)15:00-17:00
会場:箱根写真美術館 中庭(※雨天の場合、1F展示室)

※6/18(土)13:00-併設カフェはお休みさせていただきます。



今週末。
そろそろ湯本では見頃になったアジサイを愛でつつ、
登山電車にトコトコ乗って、
強羅の写真美術館にお出かけになってみてはいかがでしょうか?


素敵なご夫婦が運営されている、
とても温かな空気が満ちている美術館です。


箱根写真美術館
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-432
TEL&FAX 0460-82-2717
http://www.hmop.com




posted by ゆめすけ at 13:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

『星の王子さま』朗読会

roudoku1.jpg


星の王子さまミュージアムから、素敵なお知らせが届きました。
既報ですが、出演アナウンサーが決定いたしましたので、
改めて記事にさせていただきますね



星の王子さまミュージアムでは、
『星の王子さま』をもっと多くの人に伝えたい、
という想いから、作者サン= テグジュペリの誕生日に合わせ、
TV で活躍中のTBS アナウンサーによる朗読会を開催します。

珠玉の名作『星の王子さま』のメッセージを、
親しみやすいアナウンサーの声にのせてお届けいたします。



画像は昨年の朗読会の様子です。
今年は以下の日程で、
TVでお馴染みの、TBS人気アナウンサー総勢9名が、
来館して朗読会を催す予定だそうです。


【日時】2011 年6 月25 日(土) 13:00〜/ 15:00〜(各回約30分入れ替え制)
【場所/席数】星の王子さまミュージアム 映像メインホール/各回50席
【料金/申し込み】無料(入園料のみいただきます)/ミュージアムホームページより要予約
【出演アナウンサー】鈴木順 / 小林豊 / 高野貴裕 / 杉山真也 / 石井大裕 /
          青木裕子 / 水野真裕美 / 江藤愛 /田中みな実
【脚本】竹尾明子(有限会社チェリオ)
【演出】眞鍋卓嗣(俳優座)
【翻訳】三野博司(奈良女子大学教授)
【主催】星の王子さまミュージアム/ TBS テレビ文化事業部



ご興味のある方はぜひ星の王子さまミュージアムにお問い合わせください。
http://www.tbs.co.jp/l-prince/
prince-soumu@tbs-tm.com


いつも素敵な写真をUpされている、箱根通のハイジさん。
このGWに、星の王子さまミュージアムにもお出かけになられたとのことで、
またまたうっとりするような画像がUpされています。
私も出掛けたくなりましたダッシュ(走り出すさま)

必見です〜♪

エーデルワイスPhoto
http://edelweiss8.exblog.jp/15448899/


posted by ゆめすけ at 11:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパが驚きの!

ikkyu.jpg


備忘録記事です(笑)

だって、ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ
が、こういうサービスを始めているとはしらなんだ。

流行りのクーポン共同購入ですよ。
高級ホテルのクーポンを日替わりでご紹介「一休マーケット」


6月限定!73平米のお部屋から新緑を満喫
デラックスツインルームにステイ
42,700円 ⇒ 22,000円(1泊2名様・食事なし)
<最大48%OFF>

ご存知の方はご存じだと思いますが、
こちらはたとえ食事なしプランであっても・・・


■ ラウンジ「リビング ルーム」■

すべてのご宿泊のお客様はラウンジ「リビング ルーム」にて、
朝7:00〜10:00はコーヒー・紅茶・ジュースを、
また夕方16:00〜19:00はシャンパン・生ビール・ワイン(白・赤)
コーヒー・紅茶・ジュースをフリーサービスでお楽しみいただけます。



そう。あのシンボル的な暖炉のある素敵な空間で、
フリーでお飲物を楽しめる。
それもアルコールもあり。

このサービス、いつまで続くのかな…と心配していたのですが、
逆にこれがハイアットのサービスの象徴となった模様。

いつでもとてもくつろげる時間と空間を提供してくれる、
このホテルならではのサービスとなったわけですね。

(2006年の滞在記はコチラから⇒

2名で22000円だなんて…
共同購入、バカにしていましたけれど、
これには心揺さぶられました。

備忘録として書きましたが、
ご興味のある方は、タイミングが合えばお買い得なので要チェックで〜す。
↓↓↓
ハイアットリージェンシー箱根☆1名11000円で泊まれるクーポン





posted by ゆめすけ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

“家族”で楽しむ!エコ&ロングステイ観光

数日前に送られてきたニュースリリース。

「“家族”で楽しむ!エコ&ロングステイ観光」アイデアコンテスト

経団連主催の観光プラン公募です。
一部抜粋してご紹介しますね。
(以下、(社)日本経済団体連合会 2011/5/17NewsReleaseより抜粋)


経団連では、「“家族”で楽しむ!エコ&ロングステイ観光」をテー
マとした観光プランを公募し、優れた企画を表彰するアイデアコンテストを実
施します。
日本各地の自然、文化、歴史等地域資源を活用して、テーマに適った斬新な
観光プランのご応募をお待ちしています。

1.募集対象
(1)今夏以降の国内観光需要を大きく盛り上げるようなオリジナリティ溢れ
る企画を募集します。
※対象地域は全国市町村かつ複数の市町村にまたがっていても構
いません。
(2)一般公募とし、誰でも応募いただけます。ただし、旅行業の免許を持つ
事業者のご応募、ならびに既に商品化されているプランのご応募は、ご
遠慮願います。
(3)企画書提出は1個人・グループ1企画までとします。
(4)下記記載の最終審査会(7月 11 日開催予定)に、応募代表者の方が出
席可能であることを条件とします。 2
2.応募方法・期限
(1)募集期間中に、別紙エントリーシートおよび企画書の提出により、下記
応募先に電子メールまたは郵送にてご応募願います。
【応募先】 (社)日本経済団体連合会 産業政策本部
「エコ&ロングステイ観光アイデアコンテスト」係
(※筆者注:リリースには住所、電話。メールアドレスが書かれています)

(注1)エントリーシート、企画書フォーマットは、指定のものをご使用くだ
さい。
(注2)DVD はじめ映像、音声等のファイルのご応募は全て無効となります。
(注3)電子メールでご応募の場合、メールの件名に「エコ&ロングステイ観
光アイデアコンテスト応募」とご記入ください。
(2)応募期限 2011 年6月 20 日(月)17 時必着



エコ&ロングステイがテーマの
家族で楽しむニッポンの旅。

いいじゃないですか〜わーい(嬉しい顔)

あれこれ自分の家族ならではの知恵を絞られていたみなさん。
以前オリジナルで作った家族旅行がなかなか良かったぞ!
という方は、ぜひTRYしてみてはいかがでしょう。
自分が企画する旅行プランが「それ、いいじゃ〜ん」ってことで、
旅行会社の商品になったりするのって、ちょっと嬉しくありませんexclamation&question

ということで、私もちょっと考えてみようと思っていまするんるん




posted by ゆめすけ at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

箱根の観光メールマガジン発行です☆

013.jpg


月に一度発行している箱根の観光メールマガジン
【ONE MORE HAKONE INFO Monthly】
箱根プロモーションフォーラム公式メールマガジン

5月号を明日(5/19)に発行します。

今見頃を迎えているツツジ&しゃくなげ情報や、
観光施設の特別企画、メルマガ読者限定のスペシャルプランなど、
この時期としては、なかなか充実の内容になりました。

まだご登録頂いていない方は、
この機会にぜひご登録下さいね〜るんるん

箱根プロモーションフォーラム公式メールマガジン
バックナンバー・購読はこちら

http://archive.mag2.com/0000249260/index.htm
posted by ゆめすけ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

箱根ガラスの森美術館ワンコインチャリティ




このGWは、陽気にも誘われて箱根も以前のような活気を取り戻し、
久しぶりに各所でにぎわいを見せてくれました。

3日、4日の大渋滞にハマられてしまった方にはお気の毒でしたが、
それ以外は比較的移動しやすい箱根山であったと聞いています。


そんな中、春休みとGWに、箱根ガラスの森美術館では、
ワンコインチャリティと題して、入館料をカテゴリーを取っ払って一律500円とし
入館料収益を全額東日本大震災の被災地支援のために
寄付をします、という活動をなさっていました。

入場料が通常1300円⇒500円!
このお得でかつ意義ある活動に共感され、
美しいベネチアングラスと庭園に癒されに、
お出かけになられた方も多数いらっしゃったのではないでしょうか。

本日の毎日新聞にて、その活動で得た義援金が、
なんと総額2025万円に!と報告されていましたので、
以下、リンクとともに転載させていただきます。


毎日.jpより転載
http://mainichi.jp/area/kanagawa/news/20110510ddlk14040329000c.html


東日本大震災:義援金、総額2025万円に
−−箱根ガラスの森美術館 /神奈川

◇ワンコイン、大きな力−−GWと春休みで

 箱根町仙石原の「箱根ガラスの森美術館」(岩田正崔館長)が9日、
ゴールデンウイーク(GW)期間中に実施した
「1(ワン)コインチャリティー美術館」の義援金
約1588万円を同町の山口昇士町長に手渡した。

 東日本大震災の被災地支援で、一律500円にした入館料全額を寄付金にした。
大震災以降、観光客が激減しているが、今月4日の4546人を最高に
GW期間中に3万1631人と、前年同期の約2倍の入館者があったという。

 同様のチャリティー美術館は春休みにも実施しており、義援金の総額は
2025万円に上った。
岩田館長は「旅館、ホテルなど町の観光施設から支援を受けている。
こんな時こそ、町や被災地に貢献ができてうれしい」と話した。

 同町は日赤を通じて被災地に寄付金を送ることにしており、
現金の束を手にした山口町長は「入館者の思いがこもり、金額以上の重みがある」
と笑顔を見せた。【澤晴夫】




皆さんの善意で集まった義援金が
一日も早く被災者の生活に活かされますよう、
被災者の皆さんが一日も早く安心して生活が営めるようになるよう、
心より願っています。
posted by ゆめすけ at 15:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

箱根に動物園!?

hakonezoo.jpg


週末までの限定ですが、
箱根でプチ動物園営業中です犬


箱根園ミニ動物園
レイクサイドZOOKISS

かわいらしい犬やウサギ、カピバラ、アルパカなどがいます♪
ニー乗馬も楽しめるんですって。

箱根園の水族館には、
ほら、あの「温泉アザラシ」のビリー君もいるしっ!



お子様連れでのお出かけには
もってこいですね。

■会期 2011年4月29日〜5月8日

http://prophix.tv/clients/hakone-en/news/details.html?CN=25822


ちなみに、今年は若干開花が遅れていた
樹齢90年とも言われている古木の大島桜も、
GWに入ってからの陽気で今がまさに見頃とのこと。
この大島桜は、入場料不要で
どなたでも鑑賞できる場所にあります。


(これは2009年04月20日のblog画像です)


箱根にはお子様連れで楽しめるスポットが
たくさんあるようでいて実は少ないのですが、
箱根園はファミリーには本当に楽しくて優しい。


こどもの日の今日。
GWの最終となる今週末。
ご家族の思い出作りにお出かけになってみてはいかがでしょう?

水族館と動物園の特別割引チケットは
こちらの画像をDLしてお持ち下さいね♪


http://camel3.com/cms/files/camel/hakoneen/0510/N8Rh6aSB.pdf



posted by ゆめすけ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

つながろうハートミュージアム

hakoneaid1.jpg


箱根温泉AIDプロジェクト つながろうハートミュージアム

GWから、箱根の美術館を巡る方への
周遊特別優待キャンペーンが始まりました。



箱根温泉AIDプロジェクト 「今、箱根にできること」
つながろうハートミュージアム
HEART MUSEUM

2011.4/29(祝)〜6/30(木)


人のためにアートが出来ること、
それは日々の疲れをときほぐし、
心に瑞々しいうるおいを与えることではないでしょうか。

私たち箱根エリアの7つのミュージアムでは、
「つながろうハートミュージアム」を合い言葉に、
人とアートをつなげ、心にやすらぎを感じていただく
取り組みを始めました。

人と人がつながる美術館、
心と心が響き合うアート、
そんなひとときをここ新緑の箱根で感じていただければ幸いです。

たとえどんな時代にあっても、
皆様のハートの中でアートが輝き続けていきますように。


4月29日〜6月30日まで、下記の対象施設にて
美術館ご利用済チケット半券を他館でご提示いただければ、
優待料金にて入館チケット(各美術館のオリジナル特典付き)を
お買い求めいただけます。

【対象施設】

箱根ガラスの森美術館
箱根ラリック美術館
彫刻の森美術館
ポーラ美術館
成川美術館
箱根美術館
星の王子さまミュージアム


※ 箱根ガラスの森美術館については、4/29〜5/8までの間、
ワンコインチャリティの入館料となっておりますので、
上記キャンペーンの対象外となります。

※ 各施設の優待料金や特典等、詳細については、
各施設にお問い合わせください。

                
主催:箱根プロモーションフォーラム 
箱根HEART MUSEUM 委員会

http://www.hakopro.com/news/2011/04/aidheart_museum_1.html




箱根には心を身体を癒すリソースがたくさんあります。
毎年この時期になるとつぶやいていますが、
私は新緑がまぶしく、色とりどりの花が咲き乱れる
この時期の箱根が一番好き揺れるハート

美術館のはしご。
お得に回れるキャンペーンを利用して、
ひさしぶりにしてみたくなりましたわーい(嬉しい顔)



posted by ゆめすけ at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

箱根ターンパイクでEVCar試乗会

evcar.jpg


箱根町では「環境先進観光地−箱根」の実現に向け、
地球温暖化対策の推進のため、移動手段のエコ対策として、
電気自動車(EV)の普及促進に取組んでいます。

役場の車も一部EVに置き換わりましたし、
観光地の各施設でも、バッテリー(電源)の提供に
積極的に取り組んでいます。

箱根って山道多いし、EVじゃ力なくて
いまいち物足りないんじゃない?

私はそう思っていたんですけれど、
これがなかなか、問題なくちゃんと走るんですよ。

私のようにいぶかしげに思っている方は、
ぜひ今日明日、箱根ターンパイクで行われる
無料のEV試乗会に参加してみて下さいませませ。

以下、箱根ターンパイクのリリースより抜粋です。



試乗会は両日とも、午前9時から午後3時の予定です。
(天候等の理由により若干の変更の可能性があります)

試乗をご希望の方は、ターンパイク本線の終点の
ビューラウンジ入口の「試乗会受付」にて
申請・手続きをしていただきます。

今回のご試乗は無料ですが、
東日本大震災復興支援のチャリティイベントとしての実施を趣旨とし、
義援金箱を用意し、参加者に呼び掛けます。

試乗できるコースは、
ビューラウンジから白銀展望駐車場(本線11.5km地点)までの往復で、
およそ5km。登坂・降坂があり、
ターンパイクでの試乗により、その走行性能が十分体感できることとなります。

この企画は、箱根ターンパイク株式会社が
箱根町、神奈川県のご協力を得て、
関東三菱自動車販売株式会社と日産自動車株式会社により実施されます。

また、箱根プロモーションフォーラムにより、
箱根町の観光案内も併せて行われます。

http://www.htpl.co.jp/events/event_ev.html





走り屋さんは、休憩がてらターンパイクの
ビューラウンジにお立ち寄りになってみて下さいね〜♪
posted by ゆめすけ at 10:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

“くるくるシルク”

026.jpg


アートパフォーマンスチーム
”くるくるシルク”をご存知ですか?

立川真也、藤居克文、高橋徹の3氏が、鍛え上げられた肉体で、
パントマイムやジャグリングを駆使した
捨て身のパフォーマンスを魅せてくれます。


040.jpg


大道芸、と言えば確かにそうなんですけれど、
その迫力というか、力強さが半端じゃない!
ものすごいバランス感覚で、肉体を駆使しながら、めちゃ
めちゃ笑える楽しいライブ。

一度観たら虜になるそのサービス精神とプロの技は
国内はもちろんのこと、海外にもファン層を広げています。


今年も箱根彫刻の森でパフォーマンスがあります。

5月3日(火)、4日(水)、5日(木)
1)11:00〜
2)14:00〜
会場:箱根彫刻の森 円形広場


042.jpg

個人的にこの方のやさぐれ感が好き(笑)
ぜひぜひご覧になって下さ〜いるんるん






posted by ゆめすけ at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。