必ずもらえる【ポイント10倍保証】

★楽天トラベル2011年下半期★人気温泉地ランキングTOP20!★
↑気になる箱根は何位なの?↑

2011年08月22日

飛竜の滝に行きました

やじうま取材 005.jpg


やじうまテレビの取材に同行して、
初めて飛竜の滝(ひりゅうのたき)に行ってきましたexclamation×2

神奈川県内の滝の中でもトップクラスの大型の滝、
ということで、話には聞いていたものの
なんといっても歩くのが苦手な山の中にあるので
なかなか行こうという気持ちになれなかったのですが、
今回、いい機会を頂き、思いきって出かけてみました。

やじうま取材 002.jpg

場所ですが、畑宿〜湯坂のハイキング(っていうかほぼ山登り)コースの
ちょうど中央に位置します。取材班は、今回は湯坂路からアプローチ。
湯坂路の入口は、芦の湯フラワーセンターから歩くと15分ほど、
小涌谷(ユネッサン)方面に進んだカーブのところにあります。
車だと見落としやすい標識がひっそり。


やじうま取材 003.jpg

かなりの急勾配をぐんぐん下っていきます。
それでも山道がわりと整備されているので、歩きやすいるんるん


やじうま取材 004.jpg

8月最後の猛暑日!?と思える熱い日でしたが、
守の中は涼しく、木漏れ日がキラキラして、
途中一休みしながら思いっきり深呼吸です。

やじうま取材 006.jpg

ところどころにちゃんと標識もあって迷うことはありません。

やじうま取材 008.jpg

よくよく見たら、ちいちゃく「飛竜の滝⇒黒ハート

やじうま取材 007.jpg

山道を歩いている感じがする風景るんるん

やじうま取材 009.jpg

足元が岩場になってゴロゴロしてきたら、
かすかに水の音も聞こえ始めてきます。
ここまでただ下ってきますが、休憩なしなら大人の足で約20分程度。
ゆっくり歩いても30分はかからないと思います。

やじうま取材 014.jpg

飛竜の滝の下段が見えてきました。

やじうま取材 011.jpg


【飛竜の滝】
飛竜の滝は、上段15m、下段25mと二段に分かれて流下し、
その姿は、あたかも竜が飛揚するかの様な形から
この滝の名前がついたと言われています。
県下の滝では最大級の規模で、形態も勇壮な名瀑であって、
鎌倉時代には、箱根権現信仰の行者が鎌倉街道の途上、
この滝に打たれ身を清めたと伝えられております。(案内板より)



実はこの写真のもっと上に上段の滝があるんです。
BESTポジションには撮影クルーがいらしたので、
写真撮るのを遠慮してしまったあせあせ(飛び散る汗)

水量もまずまずで、雄大な滝でした。
マイナスイオン浴びまくり。

やじうま取材 016.jpg

やじうま取材 017.jpg

清々しい感じ、伝わりますか?


小さなお子様をお連れの外人さんファミリーや(ビックリダッシュ(走り出すさま))、
山歩き目的のご夫婦、グループなどがいらっしゃいましたが、
基本的にはあまり人はいません。
観光スポットとしては、ちょっと気軽に・・・という感じではないからかも。

お出かけになる時はやはりしっかりと
山歩きの準備をされていくことをお勧めします。
特に滝の近くの岩は、濡れいたり苔むしているので、
滑りにくい底のしっかりしたスニーカーでどうぞ!

帰りはロケ車がある湯坂路入口までぜいぜいいって登りましたがふらふら
ハイキングであれば、そのまま畑宿の方までずっと下るという手もあります。
畑宿までは大人の足で30〜40分程度だと聞いています。


map.jpg



やじうまテレビでは8/25日(木)朝に放映の予定だそうです。
私も案内人で出演しているはず・・・
(どのような編集かはわかりませんが)
高性能なハイビジョン用のカメラで撮影された滝を、
ぜひご覧になってみて下さい。


この記事、なかなかいいぜ、と思われましたら、
ぽちっと一票よろしくお願いします。

banner_04.gif



タグ:箱根
posted by ゆめすけ at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 箱根コンシェルジュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええええ 涼しさ良〜〜〜〜く伝わりました。
杉並木も良いですね
Posted by おじじあん at 2011年08月24日 12:17
いいお散歩コースです。
秋になったらもう一度行って見ようかと思案中(笑)
Posted by yumesuke at 2011年08月25日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/221533253
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。